年々ですが副業をはじめる方も多くなってきている傾向であり、手を出すビジネスは人それぞれとなっておりますが、ネットビジネスとかで副業をしている方々も多数いたりするので、注目を集めていることは確かであり、成果を多く出し続けている人達もいれば中間クラスのぐらいの方もいたりしつつ、コツコツと稼ぎを出している人達もいたりします。

そんなジャンルが多くある副業となっておりますが、ある程度の稼ぎが出ていて、副業の月収もかなり良い場合は年間所得とかも気にしていかないといけなく、青色申告をするための一定以上の額を超えていた場合は確定申告を別途でしなければいけないので、頭の中に入れておく必要があります。

生業を持つ傍らですが副業という形でやっているため、生業の場合は白色申告の確定申告をする必要があり、副業になると青色申告という方法で別途で確定申告をしていかないといけないので、これから副業を始めようかなと考えている方は頭の中にしっかりと入れておくようにお願いします。

生業の仕事と副業の仕事の確定申告は別々でやらないといけないので、ここはしっかりと理解をしておくようにお願いします。副業のジャンルによって多少ですが、青色申告をしないといけない年間所得の額が異なっている部分もあるかもしれませんが、基本的には年間所得が20万円以上である場合は青色申告をする必要があるため、重要なポイントになっていたりします。

申告方法についてはwebサービスとかで出ているアプリを使うかソフトを買ったりして申告の手続きをするか、税務署とかにいって専門家の方と話しをしながら指示にしたがって申告の手続きをするかによります。心配な場合は税理士事務所にいって税理士の方に対応してもらうという方法もあったりします。

青色申告をする際は所得税とかもかかってくるため、ここは把握をしておく必要があります。年間所得の計算とかは正式なものがあったりするのでそれを使ってやっていく形となっていて、所得税の出し方とかもあるので詳しい詳細はインターネットとかを活用して調べてみると計算式を教えてくれるところがあるため、参考になります。

気をつけたいのは申告漏れとかがあったり、申告しなくてもいいだろうと思い込み国税庁とか税務署から通達がきて慌てて青色申告をした場合は延滞税などがついてくるので余計な出費がかかったりするので気をつけておきたいです。

副業は副収入を得ることができるので、魅力がありますが、稼ぎを多く出している方とか中間クラスの稼ぎを出している方々とかは青色申告はしっかりとしておいたほうが良いです。